前へ
次へ

産休を取得することでお子さんを生み育てられる

産休は正社員などで働いている女性たちが安心してお子さんを産めるように設けられている制度で、産前休暇と産後休暇からなります。基本的に、産前休暇は一定の期間内に任意で取得できるのに対して、産後休暇は法律で出産日から8週間後まで取得できるとされています。こうした産休制度があれば、働く女性たちがお子さんを安心して生むことにつながりますし、少子化社会の中で少しでも生まれてくる子供の数が増えることも期待できます。もしもこうした産休がなければ、女性は仕事をするために出産を行わないという選択をせざるを得ないといえます。仕事をフルタイムで行っていると、長期休暇を取得することはとても特別になりますし、こうした長期休暇を取得する人も多くないのが現実です。長期休暇を取得するためにはその事由は限られますし、それ以外の理由で長期休暇を取得する場合には仕事を辞めざるを得ないことが現実です。したがって、出産のための産休制度がなければ、長期休暇を取得することは難しく、出産を理由に仕事を辞めることになってしまいます。産休は出産を予定している女性たちが仕事を社会で継続して行っていくためには不可欠な制度であるといえます。正社員として仕事を行っている女性たちが子育てをしながら働き続けるためにこの制度はとても重要な役割を担っています。また、産後休暇を取得した後にすぐに仕事に復帰することは現実的には困難なことも多いです。そのような理由で、産休を取得した後は育休を取得する女性たちも多くおり、産休から育休へと休暇を取得することで、お子さんがある程度大きくなるまで育児に専念することができる制度もあります。このように、産休は出産に当たりフルタイムで働いている女性が取得することができる休暇で、こうした産休を取得することで働いている女性たちはお子さんを生み育てることができます。そして、その後は育児休暇を取得する人も多くおり、安心してお子さんを生み育てられるようになっているのです。

Page Top