前へ
次へ

産休を取る場合に確認しておきたいこと

産休は、事前に取るものと産まれた後に取るものの2種類があります。産休を取る場合でも、生まれる前は42日前から取ることができます。ただ実際に請求するとなれば42日より前に請求しても問題ありませんか実際に休むことができるのが42日前とされています。つまり1ヵ月半前ぐらいであれば休むことができるわけです。妊娠で言えば8ヶ月ぐらいの時から産休を取ることができるとなっており、十分な期間といえます。ただし例外があり、双子と判断されている場合には14週間前から取ることができるわけです。産休を取る場合でも、14週つまり98日前から取ることができるのは、やはり身体にかかる負担が大きいからでしょう。通常の子供を出産する場合の1.5倍位の負担はかかるため、その分早い段階で産休を取ることができるわけです。産休を取る場合は、出産をした後もまた同様に取ることが可能です。出産をした後に産休を取るのは義務となっています。出産前に関しては特に義務ではありませんが、出産後は少なくとも8週間の間休まなければいけないと言う決まりが法律であります。このように、産休を取る場合でもどれぐらいの期間休まなければならない側頭に入れておきましょう。56日間と言えば、およそ2ヶ月間になります。2ヶ月近くを経過した頃には既に働き方出すことができますが、働くかそうでないかは自分の意思で決めることが必要です。このように、近いと決まりを決めた後に夫婦の予定などを立てると良いでしょう。例えば、出産をする場合には里帰りなどをするケースもあります。地方に住んでいた人が東京などに出てきている場合で、現在も東京かその近辺に住んでいるとすれば、出産の時だけ地方に里帰りをするわけです。この場合、産休を取る時期に合わせて里帰りをしなければいけません。また、出産した後も1ヶ月近くを休むことができるため、いつまで実家に入るか決めることも必要です。1ヶ月以上実家に行っても良いですが、最初の検診が1ヵ月に行われるためその検診が過ぎてから自宅に戻るケースもあります。この辺は、自分に都合が良い時期や家族に都合が良い時期を定めて決めるべきです。

Page Top