前へ
次へ

産休はいつからとれるのかを確認しよう

現在妊娠している人はもちろん、将来出産や妊娠の可能性がある女性は育休や産休について知っておきたいところです。産休や育休がどのような制度なのかも知っておきたいところですが、これは出産や育児のために仕事を休むことができる国が定めた制度です。産休は女性のみが取ることができますが、育休は男性も取れるという違いがあります。実際にはいつから休めるのかも知っておきたいところですが、産休には2種類があり出産前に取得できるものと、産後の体を回復させるために取得することができます。出産が近づいたら会社に申請をしたいところですが、産前の休業を取る場合なら出産予定日の6週間前から申請し、取得することが可能です。子供が双子など多胎の場合もありますが、そうしたときはさらに早く14週間前から申請できます。産後休業は出産の翌日から8週間取れるようになっています。人によっては、そんなに休みは必要ないと感じるかもしれません。産前休業は6週間前から任意で決めることはできますが、産後休業は例外もあるものの8週間の休業は法律で義務付けられています。産休を取るときは育休も一緒に取ることが多くなっていますが、こちらもいつから取得できるのかを確認しておきましょう。育休は産後の8週間休業したあとに休みを取れることになっています。いつまで取得できるのかも気になるところですが、これは子供が1歳の誕生日を迎える前日まで申請した期間休むことができます。育休が終わっても、保育園などに空きがなく子供を預けることができないという人もいます。そんな場合は仕事への復帰も難しくなりますが、延長と再延長で最大2年まで取得することが可能です。産休と育休を合わせてどれぐらいの期間休めるのかも知っておきたいところですが、産前休業と合わせて最大で2年3か月程度取得することができます。育休を取得するには同一の事業主に引き続き1年以上雇用されているなどの条件もありますので、条件に当てはまっているかどうかも確かめておきましょう。

Page Top